格安MVNOのスピードってイライラする?【LINEモバイル】

格安MVNO業者って「激遅で、ネットもイライラ。通話も低品質!アンテナつながらないー!」なんてイメージをお持ちな方が多いと思います。

いやいや、そんなことないんですよ!っていう記事ですのでどうぞ、最後までご覧ください。

 

LINEモバイルが爆速だった!動画で比較

まずはYouTubeで比較動画がたくさんあげられていたので、その中からわかりやすそうなものをピックアップ。

この動画を見てもわかるように、LINEモバイル(画面一番ひだり上)はダントツですね。なんならドコモ(画面一番ひだり下)と体感では差を感じません。むしろラインモバイルの方が早いかも・・・

 

Twitterでのネットの反応は・・・?

LINEモバイルでのスピード結果の報告が続々とあげられています。

26Mbps出ていますね。



14Mbps出ています。

 

そもそもどのぐらいのスピードがいるの?

スマホの通信スピードってどれぐらい必要かをまとめてみました。

50kbps・・・文字だけのサイトの閲覧、LINEのやりとりも可能(トークなど)

⇓10倍

500kbps・・・画像ありのサイト、FacebookやTwitterなどのSNS、LineOutなどのIP電話

⇓10倍

5Mbps・・・Youtubeでストレスなく動画閲覧、LINEで動画通話


LINEモバイルはハッキリ言って爆速です。普通にスマホを使うだけだったら、1Mbpsも出ていたら十分。

 

実は、スピードの早い遅いは端末による

ネット閲覧のスピードは通信速度も重要ですが、さらに重要なのが、スマホ端末です。

単純に説明すると、およそ5年前に発売されたiPhone5がデュアルコアです。デュアルとは2つの脳みそ。当時、32GBで72,000円で販売されていました。

そして、今LINEモバイルで販売されているHUAWEI P9 liteですが、オクタコアです。オクタコアは8つの脳みそ。販売価格は、24,800円です。

細かく話すと色々ややこしいですが、4倍もの脳みそを持ちあせてるんですねぇ。

したがって、iPhone5でLINEモバイルのSIMカードを刺して使うよりも、最新機種のHUAWEI P9 liteでLINEモバイルを使うほうがめちゃくちゃ早いです。

 

格安MVNOは遅い?まとめ

動画を見てもらうとわかるように、LINEモバイルはグンを抜いて早いです。下手すると、大手キャリアよりも早いです。

しかし、安心してはダメです。LINEモバイルに利用者が増えてしまうと、回線が混雑してスピードが遅くなってしまいます。車の渋滞と同じ感覚ですね。

遅くなりすぎてしまうとユーザーが離れていってしまうので、通信会社も必ず対策を練るはずです。


(↑Twitterでぼやいていたユーザーに回答した一幕)

2017年2月現在では、まだまだ加入者が少ないのか、全くストレスを感じる事はありません。むしろ快適です。

初月無料キャンペーンと3ヶ月で9GBのプレゼントが3月31日までやってるので急いだ方がいいです。

>>LINEモバイルはこちら

>>いや、ドコモなみにはやいんです

投稿日:

Copyright© 携帯を格安simにすべき理由 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.